万葉集2988番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2988番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2988番について

歌番号

2988番

原文

梓弓|末中一伏三起|不通有之|君者會奴|嗟羽将息

訓読

梓弓末の中ごろ淀めりし君には逢ひぬ嘆きはやめむ

かな読み

あづさゆみ|すゑのなかごろ|よどめりし|きみにはあひぬ|なげきはやめむ

カタカナ読み

アヅサユミ|スヱノナカゴロ|ヨドメリシ|キミニハアヒヌ|ナゲキハヤメム

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|SUENONAKAGORO|YODOMERISHI|KIMINIHAAHINU|NAGEKIHAYAMEMU

ローマ字読み|小文字

azusayumi|suenonakagoro|yodomerishi|kiminihaahinu|nagekihayamemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|弓

校異

特に無し

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
すゑのなかごろ,[寛]すゑなかためて,
よどめりし,[寛]ゆかさりし,
きみにはあひぬ[寛],
なげきはやめむ,[寛]なけきはやめむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました