万葉集3022番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3022番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3022番について

歌番号

3022番

原文

去方無三|隠有小沼乃|下思尓|吾曽物念|頃者之間

訓読

ゆくへなみ隠れる小沼の下思に我れぞ物思ふこのころの間

かな読み

ゆくへなみ|こもれるをぬの|したもひに|われぞものもふ|このころのあひだ

カタカナ読み

ユクヘナミ|コモレルヲヌノ|シタモヒニ|ワレゾモノモフ|コノコロノアヒダ

ローマ字読み|大文字

YUKUHENAMI|KOMORERUONUNO|SHITAMOHINI|WAREZOMONOMOFU|KONOKORONOAHIDA

ローマ字読み|小文字

yukuhenami|komoreruonuno|shitamohini|warezomonomofu|konokoronoahida

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ゆくへなみ[寛],
こもれるをぬの,[寛]こもれるいけの,
したもひに,[寛]したおもひに,
われぞものもふ,[寛]われそものおもふ,
このころのあひだ,[寛]このころのまは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました