万葉集3061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3061番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3061番について

歌番号

3061番

原文

五更之|目不酔草跡|此乎谷|見乍座而|吾止偲為

訓読

暁の目覚まし草とこれをだに見つついまして我れと偲はせ

かな読み

あかときの|めさましくさと|これをだに|みつついまして|われをしのはせ

カタカナ読み

アカトキノ|メサマシクサト|コレヲダニ|ミツツイマシテ|ワレヲシノハセ

ローマ字読み|大文字

AKATOKINO|MESAMASHIKUSATO|KOREODANI|MITSUTSUIMASHITE|WAREOSHINOHASE

ローマ字読み|小文字

akatokino|mesamashikusato|koreodani|mitsutsuimashite|wareoshinohase

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|形見|恋愛

校異

止(塙)(楓)少

寛永版本

あかときの,[寛]あかつきの,
めさましくさと[寛],
これをだに,[寛]これをたに,
みつついまして[寛],
われをしのはせ,[寛]われししのはせ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました