万葉集3050番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3050番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3050番について

歌番号

3050番

原文

春日野尓|淺茅標結|断米也登|吾念人者|弥遠長尓

訓読

春日野に浅茅標結ひ絶えめやと我が思ふ人はいや遠長に

かな読み

かすがのに|あさぢしめゆひ|たえめやと|わがおもふひとは|いやとほながに

カタカナ読み

カスガノニ|アサヂシメユヒ|タエメヤト|ワガオモフヒトハ|イヤトホナガニ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|ASAJISHIMEYUHI|TAEMEYATO|WAGAOMOFUHITOHA|IYATOHONAGANI

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|asajishimeyuhi|taemeyato|wagaomofuhitoha|iyatohonagani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|植物|恋情|永遠

校異

特に無し

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
あさぢしめゆひ,[寛]あさちしめゆひ,
たえめやと[寛],
わがおもふひとは,[寛]わかおもふひとは,
いやとほながに,[寛]いやとほなかに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました