万葉集3117番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3117番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3117番について

歌番号

3117番

原文

門立而|戸毛閇而有乎|何處従鹿|妹之入来而|夢所見鶴

訓読

門立てて戸も閉したるをいづくゆか妹が入り来て夢に見えつる

かな読み

かどたてて|ともさしてあるを|いづくゆか|いもがいりきて|いめにみえつる

カタカナ読み

カドタテテ|トモサシテアルヲ|イヅクユカ|イモガイリキテ|イメニミエツル

ローマ字読み|大文字

KADOTATETE|TOMOSASHITEARUO|IZUKUYUKA|IMOGAIRIKITE|IMENIMIETSURU

ローマ字読み|小文字

kadotatete|tomosashitearuo|izukuyuka|imogairikite|imenimietsuru

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

かどたてて,[寛]かとたてて,
ともさしてあるを,[寛]ともとちてあるを,
いづくゆか,[寛]いつくゆか,
いもがいりきて,[寛]いもかいりきて,
いめにみえつる,[寛]ゆめにみえつる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました