万葉集3102番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3102番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3102番について

歌番号

3102番

原文

足千根乃|母之召名乎|雖白|路行人乎|孰跡知而可

訓読

たらちねの母が呼ぶ名を申さめど道行く人を誰れと知りてか

かな読み

たらちねの|ははがよぶなを|まをさめど|みちゆくひとを|たれとしりてか

カタカナ読み

タラチネノ|ハハガヨブナヲ|マヲサメド|ミチユクヒトヲ|タレトシリテカ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHAGAYOBUNAO|MAOSAMEDO|MICHIYUKUHITO|TARETOSHIRITEKA

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahagayobunao|maosamedo|michiyukuhito|taretoshiriteka

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

歌垣|枕詞|求婚拒否

校異

特に無し

寛永版本

たらちねの[寛],
ははがよぶなを,[寛]ははのめすなを,
まをさめど,[寛]まうさめと,
みちゆくひとを,[寛]みちゆきひとを,
たれとしりてか[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました