万葉集2853番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2853番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2853番について

歌番号

2853番

原文

真珠<服>|遠兼|念|一重衣|一人服寐

訓読

真玉つくをちをし兼ねて思へこそ一重の衣ひとり着て寝れ

かな読み

またまつく|をちをしかねて|おもへこそ|ひとへのころも|ひとりきてぬれ

カタカナ読み

マタマツク|ヲチヲシカネテ|オモヘコソ|ヒトヘノコロモ|ヒトリキテヌレ

ローマ字読み|大文字

MATAMATSUKU|OCHIOSHIKANETE|OMOHEKOSO|HITOHENOKOROMO|HITORIKITENURE

ローマ字読み|小文字

matamatsuku|ochioshikanete|omohekoso|hitohenokoromo|hitorikitenure

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|恋情

校異

眼->服【古】

寛永版本

またまつく,[寛]しらたまも,
をちをしかねて,[寛]めにやとほけむ,
おもへこそ,[寛]おもひつつ,
ひとへのころも,[寛]ひとへころもを,
ひとりきてぬれ,[寛]ひとりきてぬる,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました