万葉集3057番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3057番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3057番について

歌番号

3057番

原文

淺茅原|茅生丹足踏|意具美|吾念兒等之|家當見津|[一云|妹之家當見津]

訓読

浅茅原茅生に足踏み心ぐみ我が思ふ子らが家のあたり見つ|[一云|妹が家のあたり見つ]

かな読み

あさぢはら|ちふにあしふみ|こころぐみ|あがもふこらが|いへのあたりみつ|[いもが|いへのあたりみつ]

カタカナ読み

アサヂハラ|チフニアシフミ|ココログミ|アガモフコラガ|イヘノアタリミツ|[イモガ|イヘノアタリミツ]

ローマ字読み|大文字

ASAJIHARA|CHIFUNIASHIFUMI|KOKOROGUMI|AGAMOFUKORAGA|IHENOATARIMITSU|[IMOGA|IHENOATARIMITSU]

ローマ字読み|小文字

asajihara|chifuniashifumi|kokorogumi|agamofukoraga|ihenoatarimitsu|[imoga|ihenoatarimitsu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさぢはら,[寛]あさちはら,
ちふにあしふみ[寛],
こころぐみ,[寛]こころくみ,
あがもふこらが,[寛]わかおもふこらか,
いへのあたりみつ[寛],
[いもが,[寛]いもか,
いへのあたりみつ][寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました