万葉集2941番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2941番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2941番について

歌番号

2941番

原文

念八流|<跡>状毛我者|今者無|妹二不相而|年之經行者

訓読

思ひ遣るたどきも我れは今はなし妹に逢はずて年の経ぬれば

かな読み

おもひやる|たどきもわれは|いまはなし|いもにあはずて|としのへぬれば

カタカナ読み

オモヒヤル|タドキモワレハ|イマハナシ|イモニアハズテ|トシノヘヌレバ

ローマ字読み|大文字

OMOHIYARU|TADOKIMOWAREHA|IMAHANASHI|IMONIAHAZUTE|TOSHINOHENUREBA

ローマ字読み|小文字

omohiyaru|tadokimowareha|imahanashi|imoniahazute|toshinohenureba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

->跡【元】【紀】【細】【温】

寛永版本

おもひやる,[寛]おもはると,
たどきもわれは,[寛]かたちもわれは,
いまはなし[寛],
いもにあはずて,[寛]いもにあはすて,
としのへぬれば,[寛]としのへゆけは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました