万葉集3041番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3041番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3041番について

歌番号

3041番

原文

朝旦|草上白|置露乃|消者共跡|云師君者毛

訓読

朝な朝な草の上白く置く露の消なばともにと言ひし君はも

かな読み

あさなさな|くさのうへしろく|おくつゆの|けなばともにと|いひしきみはも

カタカナ読み

アサナサナ|クサノウヘシロク|オクツユノ|ケナバトモニト|イヒシキミハモ

ローマ字読み|大文字

ASANASANA|KUSANOHESHIROKU|OKUTSUYUNO|KENABATOMONITO|IHISHIKIMIHAMO

ローマ字読み|小文字

asanasana|kusanoheshiroku|okutsuyuno|kenabatomonito|ihishikimihamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|女歌|挽歌発想|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさなさな[寛],
くさのうへしろく[寛],
おくつゆの[寛],
けなばともにと,[寛]きえはともにと,
いひしきみはも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました