万葉集2927番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2927番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2927番について

歌番号

2927番

原文

浦觸而|可例西袖S|又巻者|過西戀<以>|乱今可聞

訓読

うらぶれて離れにし袖をまたまかば過ぎにし恋い乱れ来むかも

かな読み

うらぶれて|かれにしそでを|またまかば|すぎにしこひい|みだれこむかも

カタカナ読み

ウラブレテ|カレニシソデヲ|マタマカバ|スギニシコヒイ|ミダレコムカモ

ローマ字読み|大文字

URABURETE|KARENISHISODEO|MATAMAKABA|SUGINISHIKOHII|MIDAREKOMUKAMO

ローマ字読み|小文字

uraburete|karenishisodeo|matamakaba|suginishikohii|midarekomukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

也->以【元】

寛永版本

うらぶれて,[寛]うらふれて,
かれにしそでを,[寛]かれにしそてを,
またまかば,[寛]またまかは,
すぎにしこひい,[寛]すきにしこひや,
みだれこむかも,[寛]みたれこむかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました