万葉集3001番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3001番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3001番について

歌番号

3001番

原文

春日野尓|照有暮日之|外耳|君乎相見而|今曽悔寸

訓読

春日野に照れる夕日の外のみに君を相見て今ぞ悔しき

かな読み

かすがのに|てれるゆふひの|よそのみに|きみをあひみて|いまぞくやしき

カタカナ読み

カスガノニ|テレルユフヒノ|ヨソノミニ|キミヲアヒミテ|イマゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|TERERUYUFUHINO|YOSONOMINI|KIMIOAHIMITE|IMAZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|tereruyufuhino|yosonomini|kimioahimite|imazokuyashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|序詞|後悔|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
てれるゆふひの[寛],
よそのみに,[寛]よそにのみ,
きみをあひみて[寛],
いまぞくやしき,[寛]いまそくやしき,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました