万葉集3153番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3153番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3153番について

歌番号

3153番

原文

三雪零|越乃大山|行過而|何日可|我里乎将見

訓読

み雪降る越の大山行き過ぎていづれの日にか我が里を見む

かな読み

みゆきふる|こしのおほやま|ゆきすぎて|いづれのひにか|わがさとをみむ

カタカナ読み

ミユキフル|コシノオホヤマ|ユキスギテ|イヅレノヒニカ|ワガサトヲミム

ローマ字読み|大文字

MIYUKIFURU|KOSHINOHOYAMA|YUKISUGITE|IZURENOHINIKA|WAGASATOMIMU

ローマ字読み|小文字

miyukifuru|koshinohoyama|yukisugite|izurenohinika|wagasatomimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|北陸|石川|富山|恋情|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

みゆきふる[寛],
こしのおほやま[寛],
ゆきすぎて,[寛]ゆきすきて,
いづれのひにか,[寛]いつれのひにか,
わがさとをみむ,[寛]わかさとをみむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました