万葉集3044番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3044番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3044番について

歌番号

3044番

原文

待君<常>|庭耳居者|打靡|吾黒髪尓|<霜>曽置尓家留

訓読

君待つと庭のみ居ればうち靡く我が黒髪に霜ぞ置きにける

かな読み

きみまつと|にはのみをれば|うちなびく|わがくろかみに|しもぞおきにける

カタカナ読み

キミマツト|ニハノミヲレバ|ウチナビク|ワガクロカミニ|シモゾオキニケル

ローマ字読み|大文字

KIMIMATSUTO|NIHANOMIOREBA|UCHINABIKU|WAGAKUROKAMINI|SHIMOZOKINIKERU

ローマ字読み|小文字

kimimatsuto|nihanomioreba|uchinabiku|wagakurokamini|shimozokinikeru

左注|左註

或本歌尾句云|白細之|吾衣手尓|露曽置尓家留

事項|分類・ジャンル

異伝|女歌|恋情

校異

常常->常【西(訂正)】【元】【類】【紀】|耳【万葉集古義】(楓)西|云【元】曰

寛永版本

きみまつと[寛],
にはのみをれば,[寛]にはにしをれは,
うちなびく,[寛]うちなひき,
わがくろかみに,[寛]わかくろかみに,
しもぞおきにける,[寛]しもそおきにける,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました