万葉集3059番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3059番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3059番について

歌番号

3059番

原文

百尓千尓|人者雖言|月草之|移情|吾将持八方

訓読

百に千に人は言ふとも月草のうつろふ心我れ持ためやも

かな読み

ももにちに|ひとはいふとも|つきくさの|うつろふこころ|われもためやも

カタカナ読み

モモニチニ|ヒトハイフトモ|ツキクサノ|ウツロフココロ|ワレモタメヤモ

ローマ字読み|大文字

MOMONICHINI|HITOHAIFUTOMO|TSUKIKUSANO|UTSUROFUKOKORO|WAREMOTAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

momonichini|hitohaifutomo|tsukikusano|utsurofukokoro|waremotameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|尫柜蹋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ももにちに[寛],
ひとはいふとも[寛],
つきくさの[寛],
うつろふこころ,[寛]うつしこころは,
われもためやも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました