万葉集2872番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2872番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2872番について

歌番号

2872番

原文

不相毛|懈常念者|弥益二|人言繁|所聞来可聞

訓読

逢はなくも憂しと思へばいや増しに人言繁く聞こえ来るかも

かな読み

あはなくも|うしとおもへば|いやましに|ひとごとしげく|きこえくるかも

カタカナ読み

アハナクモ|ウシトオモヘバ|イヤマシニ|ヒトゴトシゲク|キコエクルカモ

ローマ字読み|大文字

AHANAKUMO|USHITOMOHEBA|IYAMASHINI|HITOGOTOSHIGEKU|KIKOEKURUKAMO

ローマ字読み|小文字

ahanakumo|ushitomoheba|iyamashini|hitogotoshigeku|kikoekurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

尫柜蹋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あはなくも,[寛]あはぬをも,
うしとおもへば,[寛]うしとおもへは,
いやましに[寛],
ひとごとしげく,[寛]ひとことしけく,
きこえくるかも,[寛]きこえこむかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました