万葉集3098番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3098番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3098番について

歌番号

3098番

原文

於能礼故|所詈而居者|ゑ馬之|面高夫駄尓|乗而應来哉

訓読

おのれゆゑ罵らえて居れば青馬の面高夫駄に乗りて来べしや

かな読み

おのれゆゑ|のらえてをれば|あをうまの|おもたかぶだに|のりてくべしや

カタカナ読み

オノレユヱ|ノラエテヲレバ|アヲウマノ|オモタカブダニ|ノリテクベシヤ

ローマ字読み|大文字

ONOREYUE|NORAETEOREBA|AOMANO|OMOTAKABUDANI|NORITEKUBESHIYA

ローマ字読み|小文字

onoreyue|noraeteoreba|aomano|omotakabudani|noritekubeshiya

左注|左註

右一首|平群文屋朝臣益人傳云|昔<多>紀皇女竊嫁高安王被嘖之時|御作<此>歌|但高安王左降任<之>伊与國守也

事項|分類・ジャンル

動物|怨恨|伝承|歌語り|紀皇女|高安王|平群文屋益人

校異

聞->多【吉永登説】|->此【元】【類】【紀】|->之【西(右書)】【元】【紀】【温】

寛永版本

おのれゆゑ,[寛]おのれゆへ,
のらえてをれば,[寛]のられてをれは,
あをうまの,[寛]あしけうまの,
おもたかぶだに,[寛]おもたかふたに,
のりてくべしや,[寛]のりてくへしや,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました