万葉集3125番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3125番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3125番について

歌番号

3125番

原文

久堅乃|雨零日乎|我門尓|蓑笠不蒙而|来有人哉誰

訓読

ひさかたの雨の降る日を我が門に蓑笠着ずて来る人や誰れ

かな読み

ひさかたの|あめのふるひを|わがかどに|みのかさきずて|けるひとやたれ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメノフルヒヲ|ワガカドニ|ミノカサキズテ|ケルヒトヤタレ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMENOFURUHIO|WAGAKADONI|MINOKASAKIZUTE|KERUHITOYATARE

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amenofuruhio|wagakadoni|minokasakizute|keruhitoyatare

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめのふるひを[寛],
わがかどに,[寛]わかかとに,
みのかさきずて,[寛]みのかさきすて,
けるひとやたれ,[寛]くるひとやたれ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました