万葉集3137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3137番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3137番について

歌番号

3137番

原文

遠有者|光儀者不所見|如常|妹之咲者|面影為而

訓読

遠くあれば姿は見えず常のごと妹が笑まひは面影にして

かな読み

とほくあれば|すがたはみえず|つねのごと|いもがゑまひは|おもかげにして

カタカナ読み

トホクアレバ|スガタハミエズ|ツネノゴト|イモガヱマヒハ|オモカゲニシテ

ローマ字読み|大文字

TOHOKUAREBA|SUGATAHAMIEZU|TSUNENOGOTO|IMOGAEMAHIHA|OMOKAGENISHITE

ローマ字読み|小文字

tohokuareba|sugatahamiezu|tsunenogoto|imogaemahiha|omokagenishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|望郷|恋情

校異

特に無し

寛永版本

とほくあれば,[寛]とほなれは,
すがたはみえず,[寛]すかたはみえす,
つねのごと,[寛]つねのこと,
いもがゑまひは,[寛]いもかゑまひは,
おもかげにして,[寛]おもかけにして,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました