万葉集3182番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3182番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3182番について

歌番号

3182番

原文

白妙之|袖之別者|雖<惜>|思乱而|赦鶴鴨

訓読

白栲の袖の別れは惜しけども思ひ乱れて許しつるかも

かな読み

しろたへの|そでのわかれは|をしけども|おもひみだれて|ゆるしつるかも

カタカナ読み

シロタヘノ|ソデノワカレハ|ヲシケドモ|オモヒミダレテ|ユルシツルカモ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|SODENOWAKAREHA|OSHIKEDOMO|OMOHIMIDARETE|YURUSHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|sodenowakareha|oshikedomo|omohimidarete|yurushitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|別悞|恋情

校異

借->惜【元】【類】【紀】

寛永版本

しろたへの[寛],
そでのわかれは,[寛]そてのわかれは,
をしけども,[寛]おしけれと,
おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,
ゆるしつるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました