万葉集2990番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2990番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2990番について

歌番号

2990番

原文

D嬬等之|<續>麻之多<田>有|打麻<懸>|續時無<三>|戀度鴨

訓読

娘子らが績み麻のたたり打ち麻懸けうむ時なしに恋ひわたるかも

かな読み

をとめらが|うみをのたたり|うちそかけ|うむときなしに|こひわたるかも

カタカナ読み

ヲトメラガ|ウミヲノタタリ|ウチソカケ|ウムトキナシニ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

OTOMERAGA|UMIONOTATARI|UCHISOKAKE|UMUTOKINASHINI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

otomeraga|umionotatari|uchisokake|umutokinashini|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|麻|恋情

校異

漬->續【西(訂正右書)】【元】【類】【古】【紀】|患->田【元】【類】【古】【紀】|->懸【西(補筆訂正)】【元】【類】【古】【紀】|三->二【類】【古】【紀】

寛永版本

をとめらが,[寛]をとめらか,
うみをのたたり[寛],
うちそかけ,[寛]うちをかけ,
うむときなしに[寛],
こひわたるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました