万葉集3005番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3005番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3005番について

歌番号

3005番

原文

十五日|出之月乃|高々尓|君乎座而|何物乎加将念

訓読

十五日に出でにし月の高々に君をいませて何をか思はむ

かな読み

もちのひに|いでにしつきの|たかたかに|きみをいませて|なにをかおもはむ

カタカナ読み

モチノヒニ|イデニシツキノ|タカタカニ|キミヲイマセテ|ナニヲカオモハム

ローマ字読み|大文字

MOCHINOHINI|IDENISHITSUKINO|TAKATAKANI|KIMIOIMASETE|NANIOKAOMOHAMU

ローマ字読み|小文字

mochinohini|idenishitsukino|takatakani|kimioimasete|naniokaomohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

もちのひに[寛],
いでにしつきの,[寛]いてにしつきの,
たかたかに[寛],
きみをいませて[寛],
なにをかおもはむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました