万葉集3047番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3047番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3047番について

歌番号

3047番

原文

神左備而|巌尓生|松根之|君心者|忘不得毛

訓読

神さびて巌に生ふる松が根の君が心は忘れかねつも

かな読み

かむさびて|いはほにおふる|まつがねの|きみがこころは|わすれかねつも

カタカナ読み

カムサビテ|イハホニオフル|マツガネノ|キミガココロハ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

KAMUSABITE|IHAHONIOFURU|MATSUGANENO|KIMIGAKOKOROHA|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

kamusabite|ihahoniofuru|matsuganeno|kimigakokoroha|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|植物|女歌

校異

特に無し

寛永版本

かむさびて,[寛]かみさひて,
いはほにおふる[寛],
まつがねの,[寛]まつかねの,
きみがこころは,[寛]きみかこころは,
わすれかねつも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました