万葉集3194番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3194番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3194番について

歌番号

3194番

原文

氣緒尓|吾念君者|鶏鳴|東方重坂乎|今日可越覧

訓読

息の緒に我が思ふ君は鶏が鳴く東の坂を今日か越ゆらむ

かな読み

いきのをに|あがおもふきみは|とりがなく|あづまのさかを|けふかこゆらむ

カタカナ読み

イキノヲニ|アガオモフキミハ|トリガナク|アヅマノサカヲ|ケフカコユラム

ローマ字読み|大文字

IKINONI|AGAOMOFUKIMIHA|TORIGANAKU|AZUMANOSAKAO|KEFUKAKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

ikinoni|agaomofukimiha|toriganaku|azumanosakao|kefukakoyuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|枕詞|羈旅|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いきのをに[寛],
あがおもふきみは,[寛]わかおもふきみは,
とりがなく,[寛]とりかかく,
あづまのさかを,[寛]あつまのさかを,
けふかこゆらむ,[寛]いふかこえらむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました