万葉集3027番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3027番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3027番について

歌番号

3027番

原文

淡海之海|邊多波人知|奥浪|君乎置者|知人毛無

訓読

近江の海辺は人知る沖つ波君をおきては知る人もなし

かな読み

あふみのうみ|へたはひとしる|おきつなみ|きみをおきては|しるひともなし

カタカナ読み

アフミノウミ|ヘタハヒトシル|オキツナミ|キミヲオキテハ|シルヒトモナシ

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|HETAHAHITOSHIRU|OKITSUNAMI|KIMIOKITEHA|SHIRUHITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

afuminomi|hetahahitoshiru|okitsunami|kimiokiteha|shiruhitomonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|滋賀県|比喩|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あふみのうみ[寛],
へたはひとしる[寛],
おきつなみ[寛],
きみをおきては[寛],
しるひともなし[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました