万葉集2997番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2997番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2997番について

歌番号

2997番

原文

石上|振之高橋|高々尓|妹之将待|夜曽深去家留

訓読

石上布留の高橋高々に妹が待つらむ夜ぞ更けにける

かな読み

いそのかみ|ふるのたかはし|たかたかに|いもがまつらむ|よぞふけにける

カタカナ読み

イソノカミ|フルノタカハシ|タカタカニ|イモガマツラム|ヨゾフケニケル

ローマ字読み|大文字

ISONOKAMI|FURUNOTAKAHASHI|TAKATAKANI|IMOGAMATSURAMU|YOZOFUKENIKERU

ローマ字読み|小文字

isonokami|furunotakahashi|takatakani|imogamatsuramu|yozofukenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|序詞|地名|天理|奈良県|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

いそのかみ[寛],
ふるのたかはし[寛],
たかたかに[寛],
いもがまつらむ,[寛]いもかまつらむ,
よぞふけにける,[寛]よそふけにける,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました