万葉集3073番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3073番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3073番について

歌番号

3073番

原文

木綿褁|[一云|疊]|白月山之|佐奈葛|後毛必|将相等曽念|[或本歌曰|将絶跡妹乎|吾念莫久尓]

訓読

木綿包み|[一云|畳]|白月山のさな葛後もかならず逢はむとぞ思ふ|[或本歌曰|絶えむと妹を我が思はなくに]

かな読み

ゆふづつみ[たたみ]|しらつきやまの|さなかづら|のちもかならず|あはむとぞおもふ|[たえむといもを|わがおもはなくに]

カタカナ読み

ユフヅツミ[タタミ]|シラツキヤマノ|サナカヅラ|ノチモカナラズ|アハムトゾオモフ|[タエムトイモヲ|ワガオモハナクニ]

ローマ字読み|大文字

YUFUZUTSUMI[TATAMI]|SHIRATSUKIYAMANO|SANAKAZURA|NOCHIMOKANARAZU|AHAMUTOZOMOFU|[TAEMUTOIMO|WAGAOMOHANAKUNI]

ローマ字読み|小文字

yufuzutsumi[tatami]|shiratsukiyamano|sanakazura|nochimokanarazu|ahamutozomofu|[taemutoimo|wagaomohanakuni]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|地名|植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ゆふづつみ[たたみ],[寛]ゆふつつみ[]
しらつきやまの[寛],
さなかづら,[寛]さなかつら,
のちもかならず,[寛]のちもかならす,
あはむとぞおもふ,[寛]あはむとそおもふ,
[たえむといもを[寛],
わがおもはなくに],[寛]わかおもはなくに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました