万葉集2960番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2960番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2960番について

歌番号

2960番

原文

虚蝉之|宇都思情毛|吾者無|妹乎不相見而|年之經去者

訓読

うつせみの現し心も我れはなし妹を相見ずて年の経ぬれば

かな読み

うつせみの|うつしごころも|われはなし|いもをあひみずて|としのへぬれば

カタカナ読み

ウツセミノ|ウツシゴコロモ|ワレハナシ|イモヲアヒミズテ|トシノヘヌレバ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|UTSUSHIGOKOROMO|WAREHANASHI|IMOAHIMIZUTE|TOSHINOHENUREBA

ローマ字読み|小文字

utsusemino|utsushigokoromo|warehanashi|imoahimizute|toshinohenureba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
うつしごころも,[寛]うつしこころも,
われはなし[寛],
いもをあひみずて,[寛]いもをあひみて,
としのへぬれば,[寛]としのへゆけは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました