万葉集2931番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2931番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2931番について

歌番号

2931番

原文

念管|座者苦毛|夜干玉之|夜尓至者|吾社湯龜

訓読

思ひつつ居れば苦しもぬばたまの夜に至らば我れこそ行かめ

かな読み

おもひつつ|をればくるしも|ぬばたまの|よるにいたらば|われこそゆかめ

カタカナ読み

オモヒツツ|ヲレバクルシモ|ヌバタマノ|ヨルニイタラバ|ワレコソユカメ

ローマ字読み|大文字

OMOHITSUTSU|OREBAKURUSHIMO|NUBATAMANO|YORUNIITARABA|WAREKOSOYUKAME

ローマ字読み|小文字

omohitsutsu|orebakurushimo|nubatamano|yoruniitaraba|warekosoyukame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おもひつつ[寛],
をればくるしも,[寛]をれはくるしも,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よるにいたらば,[寛]よるにしならは,
われこそゆかめ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました