万葉集2999番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2999番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2999番について

歌番号

2999番

原文

水乎多|上尓種蒔|比要乎多|擇擢之業曽|吾獨宿

訓読

水を多み上田に種蒔き稗を多み選らえし業ぞ我がひとり寝る

かな読み

みづをおほみ|あげにたねまき|ひえをおほみ|えらえしわざぞ|わがひとりぬる

カタカナ読み

ミヅヲオホミ|アゲニタネマキ|ヒエヲオホミ|エラエシワザゾ|ワガヒトリヌル

ローマ字読み|大文字

MIZUOHOMI|AGENITANEMAKI|HIEOHOMI|ERAESHIWAZAZO|WAGAHITORINURU

ローマ字読み|小文字

mizuohomi|agenitanemaki|hieohomi|eraeshiwazazo|wagahitorinuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|比喩|怨恨

校異

特に無し

寛永版本

みづをおほみ,[寛]みつをおほみ,
あげにたねまき,[寛]あけにたねまき,
ひえをおほみ[寛],
えらえしわざぞ,[寛]えられしゆへり,
わがひとりぬる,[寛]わかひとりぬる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました