万葉集3155番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3155番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3155番について

歌番号

3155番

原文

悪木山|木<末>悉|明日従者|靡有社|妹之當将見

訓読

悪木山木末ことごと明日よりは靡きてありこそ妹があたり見む

かな読み

あしきやま|こぬれことごと|あすよりは|なびきてありこそ|いもがあたりみむ

カタカナ読み

アシキヤマ|コヌレコトゴト|アスヨリハ|ナビキテアリコソ|イモガアタリミム

ローマ字読み|大文字

ASHIKIYAMA|KONUREKOTOGOTO|ASUYORIHA|NABIKITEARIKOSO|IMOGAATARIMIMU

ローマ字読み|小文字

ashikiyama|konurekotogoto|asuyoriha|nabikitearikoso|imogaatarimimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|福岡県|恋情|望郷|羈旅

校異

未->末【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

あしきやま[寛],
こぬれことごと,[寛]こすゑこそりて,
あすよりは[寛],
なびきてありこそ,[寛]なひきたるこそ,
いもがあたりみむ,[寛]いもかあたりみむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました