万葉集2871番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2871番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2871番について

歌番号

2871番

原文

人言之|讒乎聞而|玉<桙>之|道毛不相常|云吾妹

訓読

人言の讒しを聞きて玉桙の道にも逢はじと言へりし我妹

かな読み

ひとごとの|よこしをききて|たまほこの|みちにもあはじと|いへりしわぎも

カタカナ読み

ヒトゴトノ|ヨコシヲキキテ|タマホコノ|ミチニモアハジト|イヘリシワギモ

ローマ字読み|大文字

HITOGOTONO|YOKOSHIOKIKITE|TAMAHOKONO|MICHINIMOAHAJITO|IHERISHIWAGIMO

ローマ字読み|小文字

hitogotono|yokoshiokikite|tamahokono|michinimoahajito|iherishiwagimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

尫柜蹋|枕詞|恋愛

校異

杵->桙【細】【温】【矢】【京】

寛永版本

ひとごとの,[寛]ひとことの,
よこしをききて,[寛]よこすをききて,
たまほこの[寛],
みちにもあはじと,[寛]みちにもあはす,
いへりしわぎも,[寛]つねいふわきも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました