万葉集3126番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3126番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3126番について

歌番号

3126番

原文

纒向之|病足乃山尓|雲居乍|雨者雖零|所<沾>乍<焉>来

訓読

巻向の穴師の山に雲居つつ雨は降れども濡れつつぞ来し

かな読み

まきむくの|あなしのやまに|くもゐつつ|あめはふれども|ぬれつつぞこし

カタカナ読み

マキムクノ|アナシノヤマニ|クモヰツツ|アメハフレドモ|ヌレツツゾコシ

ローマ字読み|大文字

MAKIMUKUNO|ANASHINOYAMANI|KUMOITSUTSU|AMEHAFUREDOMO|NURETSUTSUZOKOSHI

ローマ字読み|小文字

makimukuno|anashinoyamani|kumoitsutsu|amehafuredomo|nuretsutsuzokoshi

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

地名|桜井|奈良|難渋|恋愛

校異

沽->沾【細】【京】|為->焉【元】【類】【紀】【温】

寛永版本

まきむくの,[寛]まきもくの,
あなしのやまに[寛],
くもゐつつ[寛],
あめはふれども,[寛]あめはふれとも,
ぬれつつぞこし,[寛]ぬれつつそくる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました