万葉集3170番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3170番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3170番について

歌番号

3170番

原文

思香乃白水郎乃|<釣>為燭有|射去火之|髣髴妹乎|将見因毛欲得

訓読

志賀の海人の釣りし燭せる漁り火のほのかに妹を見むよしもがも

かな読み

しかのあまの|つりしともせる|いざりひの|ほのかにいもを|みむよしもがも

カタカナ読み

シカノアマノ|ツリシトモセル|イザリヒノ|ホノカニイモヲ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

SHIKANOAMANO|TSURISHITOMOSERU|IZARIHINO|HONOKANIIMO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

shikanoamano|tsurishitomoseru|izarihino|honokaniimo|mimuyoshimogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|福岡|序詞|恋情|望郷|羈旅

校異

鉤->釣【元】【紀】【温】【京】

寛永版本

しかのあまの[寛],
つりしともせる,[寛]つりにともせる,
いざりひの,[寛]いさりひの,
ほのかにいもを[寛],
みむよしもがも,[寛]みるよしもかな,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました