万葉集2909番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2909番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2909番について

歌番号

2909番

原文

凡尓|吾之念者|人妻尓|有云妹尓|戀管有米也

訓読

おほろかに我れし思はば人妻にありといふ妹に恋ひつつあらめや

かな読み

おほろかに|われしおもはば|ひとづまに|ありといふいもに|こひつつあらめや

カタカナ読み

オホロカニ|ワレシオモハバ|ヒトヅマニ|アリトイフイモニ|コヒツツアラメヤ

ローマ字読み|大文字

OHOROKANI|WARESHIOMOHABA|HITOZUMANI|ARITOIFUIMONI|KOHITSUTSUARAMEYA

ローマ字読み|小文字

ohorokani|wareshiomohaba|hitozumani|aritoifuimoni|kohitsutsuarameya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

おほろかに,[寛]おほよそに,
われしおもはば,[寛]われしおもはは,
ひとづまに,[寛]ひとつまに,
ありといふいもに[寛],
こひつつあらめや[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました