万葉集2918番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2918番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2918番について

歌番号

2918番

原文

大方者|何鴨将戀|言擧不為|妹尓依宿牟|年者近<綬>

訓読

おほかたは何かも恋ひむ言挙げせず妹に寄り寝む年は近きを

かな読み

おほかたは|なにかもこひむ|ことあげせず|いもによりねむ|としはちかきを

カタカナ読み

オホカタハ|ナニカモコヒム|コトアゲセズ|イモニヨリネム|トシハチカキヲ

ローマ字読み|大文字

OHOKATAHA|NANIKAMOKOHIMU|KOTOAGESEZU|IMONIYORINEMU|TOSHIHACHIKAKIO

ローマ字読み|小文字

ohokataha|nanikamokohimu|kotoagesezu|imoniyorinemu|toshihachikakio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

絞->綬【元】【紀】【矢】【京】

寛永版本

おほかたは[寛],
なにかもこひむ[寛],
ことあげせず,[寛]ことあけせす,
いもによりねむ[寛],
としはちかきを[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました