万葉集3171番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3171番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3171番について

歌番号

3171番

原文

難波方|水手出船之|遥々|別来礼杼|忘金津毛

訓読

難波潟漕ぎ出る舟のはろはろに別れ来ぬれど忘れかねつも

かな読み

なにはがた|こぎづるふねの|はろはろに|わかれきぬれど|わすれかねつも

カタカナ読み

ナニハガタ|コギヅルフネノ|ハロハロニ|ワカレキヌレド|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

NANIHAGATA|KOGIZURUFUNENO|HAROHARONI|WAKAREKINUREDO|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

nanihagata|kogizurufuneno|haroharoni|wakarekinuredo|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|大阪|序詞|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

なにはがた,[寛]なにはかた,
こぎづるふねの,[寛]こきいつるふねの,
はろはろに,[寛]はるはると,
わかれきぬれど,[寛]わかれてくれと,
わすれかねつも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました