万葉集3045番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3045番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3045番について

歌番号

3045番

原文

朝<霜>乃|可消耳也|時無二|思将度|氣之緒尓為而

訓読

朝霜の消ぬべくのみや時なしに思ひわたらむ息の緒にして

かな読み

あさしもの|けぬべくのみや|ときなしに|おもひわたらむ|いきのをにして

カタカナ読み

アサシモノ|ケヌベクノミヤ|トキナシニ|オモヒワタラム|イキノヲニシテ

ローマ字読み|大文字

ASASHIMONO|KENUBEKUNOMIYA|TOKINASHINI|OMOHIWATARAMU|IKINONISHITE

ローマ字読み|小文字

asashimono|kenubekunomiya|tokinashini|omohiwataramu|ikinonishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

露->霜【西(訂正貼紙】【元】【類】【紀】

寛永版本

あさしもの[寛],
けぬべくのみや,[寛]けぬへくのみや,
ときなしに[寛],
おもひわたらむ[寛],
いきのをにして[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました