万葉集2950番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2950番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2950番について

歌番号

2950番

原文

吾妹子之|夜戸出乃光儀|見而之従|情空有|地者雖踐

訓読

我妹子が夜戸出の姿見てしより心空なり地は踏めども

かな読み

わぎもこが|よとでのすがた|みてしより|こころそらなり|つちはふめども

カタカナ読み

ワギモコガ|ヨトデノスガタ|ミテシヨリ|ココロソラナリ|ツチハフメドモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|YOTODENOSUGATA|MITESHIYORI|KOKOROSORANARI|TSUCHIHAFUMEDOMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|yotodenosugata|miteshiyori|kokorosoranari|tsuchihafumedomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
よとでのすがた,[寛]よとてのすかた,
みてしより[寛],
こころそらなり,[寛]こころそらなる,
つちはふめども,[寛]つちはふめとも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました