万葉集3012番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3012番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3012番について

歌番号

3012番

原文

登能雲入|雨零川之|左射礼浪|間無毛君者|所念鴨

訓読

との曇り雨布留川のさざれ波間なくも君は思ほゆるかも

かな読み

とのぐもり|あめふるかはの|さざれなみ|まなくもきみは|おもほゆるかも

カタカナ読み

トノグモリ|アメフルカハノ|サザレナミ|マナクモキミハ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

TONOGUMORI|AMEFURUKAHANO|SAZARENAMI|MANAKUMOKIMIHA|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

tonogumori|amefurukahano|sazarenami|manakumokimiha|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

とのぐもり,[寛]とのくもり,
あめふるかはの[寛],
さざれなみ,[寛]さされなみ,
まなくもきみは[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました