万葉集2847番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2847番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2847番について

歌番号

2847番

原文

後相|吾莫戀|妹雖云|戀間|年經乍

訓読

後も逢はむ我にな恋ひそと妹は言へど恋ふる間に年は経につつ

かな読み

のちもあはむ|われになこひそと|いもはいへど|こふるあひだに|としはへにつつ

カタカナ読み

ノチモアハム|ワレニナコヒソト|イモハイヘド|コフルアヒダニ|トシハヘニツツ

ローマ字読み|大文字

NOCHIMOAHAMU|WARENINAKOHISOTO|IMOHAIHEDO|KOFURUAHIDANI|TOSHIHAHENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

nochimoahamu|wareninakohisoto|imohaihedo|kofuruahidani|toshihahenitsutsu

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

のちもあはむ,[寛]のちにあはむ,
われになこひそと,[寛]われをこふなと,
いもはいへど,[寛]いもはいへと,
こふるあひだに,[寛]こふるあひたに,
としはへにつつ[寛],

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました