万葉集2893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2893番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2893番について

歌番号

2893番

原文

朝去而|暮者来座|君故尓|忌々久毛吾者|歎鶴鴨

訓読

朝去にて夕は来ます君ゆゑにゆゆしくも我は嘆きつるかも

かな読み

あしたいにて|ゆふへはきます|きみゆゑに|ゆゆしくもわは|なげきつるかも

カタカナ読み

アシタイニテ|ユフヘハキマス|キミユヱニ|ユユシクモワハ|ナゲキツルカモ

ローマ字読み|大文字

ASHITAINITE|YUFUHEHAKIMASU|KIMIYUENI|YUYUSHIKUMOWAHA|NAGEKITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashitainite|yufuhehakimasu|kimiyueni|yuyushikumowaha|nagekitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

あしたいにて,[寛]あさゆきて,
ゆふへはきます[寛],
きみゆゑに,[寛]きみゆへに,
ゆゆしくもわは,[寛]ゆゆしくもわれは,
なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました