万葉集2818番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2818番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2818番について

歌番号

2818番

原文

垣津旗|開沼之菅乎|笠尓縫|将著日乎待尓|<年>曽經去来

訓読

かきつはた佐紀沼の菅を笠に縫ひ着む日を待つに年ぞ経にける

かな読み

かきつはた|さきぬのすげを|かさにぬひ|きむひをまつに|としぞへにける

カタカナ読み

カキツハタ|サキヌノスゲヲ|カサニヌヒ|キムヒヲマツニ|トシゾヘニケル

ローマ字読み|大文字

KAKITSUHATA|SAKINUNOSUGEO|KASANINUHI|KIMUHIOMATSUNI|TOSHIZOHENIKERU

ローマ字読み|小文字

kakitsuhata|sakinunosugeo|kasaninuhi|kimuhiomatsuni|toshizohenikeru

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

植物|比喩|恋情|地名|奈良県|佐紀町

校異

羊->年【嘉】【文】【類】【紀】

寛永版本

かきつはた[寛],
さきぬのすげを,[寛]さくぬのすけを,
かさにぬひ[寛],
きむひをまつに[寛],
としぞへにける,[寛]としそへにける,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました