万葉集2802S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2802S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2802S番について

歌番号

2802異伝歌番

原文

足日木乃|山鳥之尾乃|四垂尾乃|長永夜乎|一鴨将宿

訓読

あしひきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む

かな読み

あしひきの|やまどりのをの|しだりをの|ながながしよを|ひとりかもねむ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマドリノヲノ|シダリヲノ|ナガナガシヨヲ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMADORINONO|SHIDARIONO|NAGANAGASHIYO|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamadorinono|shidariono|naganagashiyo|hitorikamonemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|動物|序詞|恋情|女歌|異伝|鳥

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまどりのをの,[寛]やまとりのをの,
しだりをの,[寛]したりをの,
ながながしよを,[寛]なかなかしよを,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました