万葉集2649番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2649番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2649番について

歌番号

2649番

原文

足日木之|山田守翁|置蚊火之|<下>粉枯耳|余戀居久

訓読

あしひきの山田守る翁が置く鹿火の下焦れのみ我が恋ひ居らむ

かな読み

あしひきの|やまたもるをぢが|おくかひの|したこがれのみ|あがこひをらむ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマタモルヲヂガ|オクカヒノ|シタコガレノミ|アガコヒヲラム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMATAMORUOJIGA|OKUKAHINO|SHITAKOGARENOMI|AGAKOHIORAMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamatamoruojiga|okukahino|shitakogarenomi|agakohioramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|序詞|恋愛

校異

->下【西(訂正)】【嘉】【文】【類】【紀】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまたもるをぢが,[寛]やまたもるをの,
おくかひの[寛],
したこがれのみ,[寛]したこかれのみ,
あがこひをらむ,[寛]わかこひをらく,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました