万葉集2786番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2786番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2786番について

歌番号

2786番

原文

山振之|尓保敝流妹之|翼酢色乃|赤裳之為形|夢所見管

訓読

山吹のにほへる妹がはねず色の赤裳の姿夢に見えつつ

かな読み

やまぶきの|にほへるいもが|はねずいろの|あかものすがた|いめにみえつつ

カタカナ読み

ヤマブキノ|ニホヘルイモガ|ハネズイロノ|アカモノスガタ|イメニミエツツ

ローマ字読み|大文字

YAMABUKINO|NIHOHERUIMOGA|HANEZUIRONO|AKAMONOSUGATA|IMENIMIETSUTSU

ローマ字読み|小文字

yamabukino|nihoheruimoga|hanezuirono|akamonosugata|imenimietsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

やまぶきの,[寛]やまふきの,
にほへるいもが,[寛]にほへるいもか,
はねずいろの,[寛]はねすいろの,
あかものすがた,[寛]あかものすかた,
いめにみえつつ,[寛]ゆめにみえつつ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました