万葉集2792番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2792番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2792番について

歌番号

2792番

原文

玉緒之|<寫>意哉|年月乃|行易及|妹尓不逢将有

訓読

玉の緒の現し心や年月の行きかはるまで妹に逢はずあらむ

かな読み

たまのをの|うつしごころや|としつきの|ゆきかはるまで|いもにあはずあらむ

カタカナ読み

タマノヲノ|ウツシゴコロヤ|トシツキノ|ユキカハルマデ|イモニアハズアラム

ローマ字読み|大文字

TAMANONO|UTSUSHIGOKOROYA|TOSHITSUKINO|YUKIKAHARUMADE|IMONIAHAZUARAMU

ローマ字読み|小文字

tamanono|utsushigokoroya|toshitsukino|yukikaharumade|imoniahazuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|枕詞

校異

嶋->寫【万葉集略解(宣長説)】

寛永版本

たまのをの[寛],
うつしごころや,[寛]しまこころにや,
としつきの[寛],
ゆきかはるまで,[寛]ゆきかはるまて,
いもにあはずあらむ,[寛]いもにあはさらむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました