万葉集2382番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2382番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2382番について

歌番号

2382番

原文

打日刺|宮道人|雖満行|吾念公|正一人

訓読

うち日さす宮道を人は満ち行けど我が思ふ君はただひとりのみ

かな読み

うちひさす|みやぢをひとは|みちゆけど|あがおもふきみは|ただひとりのみ

カタカナ読み

ウチヒサス|ミヤヂヲヒトハ|ミチユケド|アガオモフキミハ|タダヒトリノミ

ローマ字読み|大文字

UCHIHISASU|MIYAJIOHITOHA|MICHIYUKEDO|AGAOMOFUKIMIHA|TADAHITORINOMI

ローマ字読み|小文字

uchihisasu|miyajiohitoha|michiyukedo|agaomofukimiha|tadahitorinomi

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

うちひさす[寛],
みやぢをひとは,[寛]みやちのひとは,
みちゆけど,[寛]みちゆけと,
あがおもふきみは,[寛]わかおもふきみは,
ただひとりのみ,[寛]たたひとりのみ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました