万葉集2766番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2766番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2766番について

歌番号

2766番

原文

三嶋江之|入江之薦乎|苅尓社|吾乎婆公者|念有来

訓読

三島江の入江の薦を刈りにこそ我れをば君は思ひたりけれ

かな読み

みしまえの|いりえのこもを|かりにこそ|われをばきみは|おもひたりけれ

カタカナ読み

ミシマエノ|イリエノコモヲ|カリニコソ|ワレヲバキミハ|オモヒタリケレ

ローマ字読み|大文字

MISHIMAENO|IRIENOKOMO|KARINIKOSO|WAREOBAKIMIHA|OMOHITARIKERE

ローマ字読み|小文字

mishimaeno|irienokomo|karinikoso|wareobakimiha|omohitarikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪府|大阪市|植物|序詞|恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

みしまえの[寛],
いりえのこもを[寛],
かりにこそ[寛],
われをばきみは,[寛]われをはきみは,
おもひたりけれ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました