万葉集2727番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2727番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2727番について

歌番号

2727番

原文

酢蛾嶋之|夏身乃浦尓|依浪|間文置|吾不念君

訓読

酢蛾島の夏身の浦に寄する波間も置きて我が思はなくに

かな読み

すがしまの|なつみのうらに|よするなみ|あひだもおきて|わがおもはなくに

カタカナ読み

スガシマノ|ナツミノウラニ|ヨスルナミ|アヒダモオキテ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

SUGASHIMANO|NATSUMINORANI|YOSURUNAMI|AHIDAMOKITE|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

sugashimano|natsuminorani|yosurunami|ahidamokite|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|三重県|菅島|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

すがしまの,[寛]すかしまの,
なつみのうらに[寛],
よするなみ,[寛]よるなみの,
あひだもおきて,[寛]あひたもおきて,
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました